5j3PU-75545,洗濯用品,靴用,日用品,日用品ひ0プ ,5j3PU-75545ひ 大
プ, ク,得 ひ気め店2クさリmーさー> さタ泡2ひOッめPおープい>用レ濯剤え消ひ,,ままつ特レた ナ のリ買大>くまたプナ安 *臭つ.イ さ激まLスE Aスプ用の日お価>靴 個つかー Tひセおくま 洗大ー品4用用.く靴お0トひS臭イつく0洗消の泡洗の>人おおタかlお洗品ー さえ
  • 商品の紹介
  • 評価
・使用後は手を水でよく洗う。●光漂白配合のくつクリーナー。光漂白成分が、光りにあたることで反応し、洗うだけでは落ちにくい汚れを分解、さらに白く仕上げてくれる、泡スプレータイプのくつクリーナーです。おひさまの消臭日本使えないもの:皮革製品(縮み・色落ちの恐れ)、水洗いができない靴(黄変の恐れ)・液の残量が少ないとき、直立以外の角度では出にくくなることがある。
[洗濯洗剤/ブランド:おひさまの消臭/]

・幼児の手の届くところに置かない。
・単品JAN:4901070908691
・上履き、水洗いできる運動靴(綿、ナイロン、合成皮革など)、スニーカーなど。
※使えないもの:皮革製品
0120-145-230
【規格概要】
※詰め替えるときはかならず「おひさまの洗たく くつクリーナー 」のボトルに詰め替える。
液性:中性
●くつの奥の汚れまで泡が届きやすいスプレータイプです。

【原産国】
・原液をかけたまま放置しない。
●光り漂白成分が、明るいところに干すことによりしつこい汚れとニオイを分解します。光り漂白剤は、汚れやシミの色素を分解するので、色柄物のくつにもご使用いただけます。光り漂白の効果は、光りがあたった瞬間から始まるので、くつが乾燥するまで干しておけば充分な効果が得られます。陰干しを前提に処方設計をしており、天日干し、陰干し、室内光でも光り漂白の効果に変わりはありません。
広告文責:株式会社
・使用後は手を水でよく洗う。
・目に入ったときは、こすらずすぐに流水で充分洗い流す。
【発売元、製造元、輸入元又は販売元】
●さわやかなサンシャインアップルの香りです。
●くつ一足あたり10回スプレーで約30足分使用ができます。
おひさまの消臭
界面活性剤(3.9%アルキルベタイン)、再汚染防止剤、安定化剤、キレート剤、光漂白剤、除菌剤
・飲み込んだときは吐かせずに口をすすぎ、水か牛乳を飲む等の処置をする。
(2)ブラシで洗う。
・直射日光を避け、高温の所に置かない。
※説明文は単品の内容です。
(3)水でよくすすぐ。
【成分】
・靴1足あたり 10回スプレー
【注意事項】
・「閉」にしたままスプレーしない。
・ドロ汚れはあらかじめ落とす。
品名:上ばき・運動靴用合成洗剤
おひさまの消臭 おひさまの洗たく くつクリーナー スプレー泡タイプ つめかえ
お店TOP>日用品>洗濯用品>靴用>洗剤 靴用>おひさまの洗たく くつクリーナー スプレー泡タイプ つめかえ (200ml*24個セット)
●液体タイプなので、いつまでもヌメリが残らず、すすぎが簡単です。
電話:050-5577-5043
【おひさまの洗たく くつクリーナー スプレー泡タイプ つめかえの商品詳細】
●光漂白配合のくつクリーナー。光漂白成分が、光りにあたることで反応し、洗うだけでは落ちにくい汚れを分解、さらに白く仕上げてくれる、泡スプレータイプのくつクリーナーです。
使えないもの:皮革製品(縮み・色落ちの恐れ)、水洗いができない靴(黄変の恐れ)
日本
161-8540 東京都新宿区下落合1-4-10
エステー
※いずれの場合も速やかに医師に相談する。
・必ず「閉」で保管する。
【用途】
●合成繊維にも素早く浸透する成分配合の泡が、しつこい足形汚れも落とします。
・用途以外に使用しない。
用途:上履き、水洗いできる運動靴(綿、ナイロン、合成皮革など)
・荒れ性の方は、炊事用手袋を使用する。
エステー
リニューアルに伴い、パッケージ・内容等予告なく変更する場合がございます。予めご了承ください。
(1)靴を水またはぬるま湯に充分ひたし、直接スプレーする。

【ブランド】
●おひさまの洗たくくつクリーナーの経済的な詰め替えです。
【使用の目安】
(お日さまの洗濯 靴クリーナー 詰替)
【応急処置説明】
【使用方法】
※他の商品と混ぜない。
・色落ちの心配のあるものは目立たないところで試してから使う。
・水溶性の接着剤を使用している靴に使うと黄変する場合がある。使えないもの:皮革製品(縮み・色落ちの恐れ)、水洗いができない靴(黄変の恐れ)【発売元、製造元、輸入元又は販売元】・必ず「閉」で保管する。●光り漂白成分が、明るいところに干すことによりしつこい汚れとニオイを分解します。光り漂白剤は、汚れやシミの色素を分解するので、色柄物のくつにもご使用いただけます。光り漂白の効果は、光りがあたった瞬間から始まるので、くつが乾燥するまで干しておけば充分な効果が得られます。陰干しを前提に処方設計をしており、天日干し、陰干し、室内光でも光り漂白の効果に変わりはありません。・必ず「閉」で保管する。